歯周病と糖尿病

「糖尿病になると、おいしいものが食べられない」
「悪化すると、足を切断しなくてはいけない」
「一度糖尿病になると、治すのが難しい」


このように糖尿病は大変怖い病気であるという話は、テレビや雑誌でもよく特集されているので、多くの方が知っていると思います。

しかし、全身疾患である糖尿病と、お口の病気である歯周病は、実は密接な関係があるということは知らない方は多いのではないでしょうか。

歯周病と糖尿病が生み出す、恐怖のスパイラルとは・・・

糖尿病とは何らかの原因により、血液中の糖分をエネルギーに変えるインシュリンという物質の働きが低下し、血液中の糖分コントロールが難しくなる病気です。現在、日本では糖尿病予備軍を含めると1600万人以上の方がかかる病気と言われています。

そして、歯周病は糖尿病を悪化させることが、近年の研究で明らかになりました。それだけではなく、糖尿病が悪化すると歯周病が悪化してしまうのです。

まさに、歯周病と糖尿病は、お互いを悪化させていく恐ろしいスパイラルを生み出してしまうのです。

どうして、歯周病が悪化すると糖尿病も進行するのか

少し専門的な話になってしまうのですが、原因は歯周病菌から体を守ろうとする機能が引き金になります。

まず、歯周病になっているということは、歯周病菌が侵入しています。そして、それを退治しようと白血球が集まってきます。

そして、この白血球と歯周病菌との戦いの際にでてくる『TNF-α』という物質があります。この『TNF-α』は、実はインスリンの働きを抑えてしまうという恐ろしい作用があるのです。

つまり歯周病が進行し、白血球が働きTNF-αが多く出ていると、インスリンの働きが低下して、糖尿病が進行してしまうのです。

糖尿病が悪化すると・・・

糖尿病が進行すると、血糖値が上がり歯ぐきの血流が悪くなります。血流が悪いと免疫力が低下し歯周病菌の退治ができなくなり歯周病が悪化します。

このお互いの悪化を繰り返すことで、歯周病の進行により歯を失い、そして糖尿病の進行で倒れてしまうという最悪の結果を生むこともあります。


これは歯周病の重症度と糖尿病患者かどうかを表したグラフです。糖尿病を有する方がより重度歯周病になっていることが分かりますね。


一方、歯周病治療が糖尿病に良いと言うことを表したグラフです。歯周病治療の前後で糖尿の重症度の指標であるHbA1c検査値が良くなっているという結果がでています。

最善の対策法は、早めの検診と予防!

糖尿病も歯周病も初期の状態では自覚症状が乏しく、気付きにくい病気です。

そのため糖尿病予備軍は約740万人いると言われていますが、半数は病院に受診していないのが現状です(平成14年調査)。

また歯周病も成人の80%以上がかかっているにも関わらず、定期的に健診を受け、クリーニングを受けている割合は3%と非常に低い数値となっています。

糖尿病にかかっていると、お口やのどが渇きやすかったり、口内炎ができやすかったり、独特な口臭がしたり、傷が治りにくかったりします。

歯周病のような症状があった場合には、血糖値が高く糖尿病予備軍である可能性もあります。お口も全身も定期的な検診を大切にしましょう!

症例集

歯周病専門医・藤本 淳

診療時間

 
午前 -
午後 -

午前=9:00-12:00
(土13:00)
午後=14:00-18:00

休診日

土曜、日曜、祝日

電話番号

019-631-2222

ゆいとぴあ歯科