歯周病と心臓血管疾患

私、藤本が勤務していた岩手医科大学歯学部歯周病学教室では、口腔微生物学教室そして循環器医療センターと共同研究を行なっています。

その結果、心筋梗塞などで摘出された心臓の血管から歯周病菌が検出されたのです。

歯周病の人はそうでない人に比べて、心筋梗塞などの心臓血管疾患にかかる確率が高いといわれています。

心臓血管疾患で最近、重視されているのは、脳梗塞、心臓冠動脈疾患(心筋梗塞や狭心症)、動脈硬化症などの原因となるアテローム血栓症です。
このアテローム血栓症は、酸素や栄養を運ぶ太い動脈の中で血栓を作って症状を引き起こします。欧米に多く,日本には少ないと言われていましたが、生活習慣や食生活の変化とともに日本でも増加傾向にあります。

この血栓を作る危険因子は、血管の損傷、喫煙、高コレステロール血症そして歯周病のような細菌感染です。歯周病原菌から出される内毒素と呼ばれる物質は、歯ぐきから血管に侵入し、血管内に炎症を引き起こすため、血栓がつくられるのです。また、ある歯周病原菌は血液中に侵入し血小板を集めて固める性質(凝集)をもっており、凝集した血小板がはがれ、血流に入り血栓がつくられる可能性もあると言われており以上のような過程でつくられた血栓が運ばれて脳硬塞や心筋梗塞を引き起こすと考えられています。

最近では、重度の歯周病患者とそうでない人を比べると、冠動脈疾患を引き起こす可能性が2倍程高いと言われています。

症例集

歯周病専門医・藤本 淳

診療時間

 
午前 -
午後 -

午前=9:00-12:00
(土13:00)
午後=14:00-18:00

休診日

土曜、日曜、祝日

電話番号

019-631-2222

ゆいとぴあ歯科