上手な歯科医院の選び方

当院の患者様にも、引っ越しや転勤のために、他の地域で歯科医院を探さなくてはいけない場合があり「どうやって歯科医院を選んだ方がいいですか?」という質問を受けることがあります。

全国に68,000件も歯科医院があるわけですから、一般の方が自分に合った歯科医院を選ぶことは本当に大変なことです。

全国の方々の参考になるように、ここでは「歯周病治療に力を入れている歯科医院」の探し方のポイントをご紹介したいと思います。

自分に合う歯科医院、自分の歯を本気で守ろうとしてくれる歯科医院に出会えることで、あなたの人生が大きく変わる可能性さえあります。

皆様がよい歯医者さんに巡り合えることを願っています!

歯ぐきの検査を実施しているかどうか

患者様は面倒に思うかもしれませんが、歯周病の治療には歯ぐきの検査は欠かせません。検査とは、プロ-べという器具を使用したポケットの深さを測る検査です。

検査を行ってお口の現状を把握しなくては、正確な診断ができません。また進行度を把握しなくては適切な治療方法も選択することができないからです。

歯周病治療をしっかりと行っている歯科医院は、ほぼ例外なく初診時か2回目には検査を行っているはずです。

レントゲンを撮っているかどうか

こちらも検査の一環ですが、レントゲン撮影をしてくれるかどうかがポイントです。レントゲン撮影をしなくては、歯周病によって影響をうける歯槽骨の状態が把握できず正確な診断が不可能だからです。

歯周病治療に力を入れている歯科医院の場合には、初診時に必ず撮影を行うことがほどんどです。

お口の写真を撮影しているかどうか

お口の写真撮影は、初期の診断や治療計画の立案にとても役立つのはもちろんですが、治療の経過を把握することで、より適切な治療方法を選択することに役立ちます。

また、患者様もご自分のお口の中を把握することによって、より治療の必要性が分かったり、悪い部分を目で見て確認できるというメリットがあります。

歯周病治療には、継続的な写真撮影が欠かせません。

歯科衛生士が在籍しているかどうか

一般の方にはあまり知られていませんが、現在日本中どの地域でも、歯科衛生士を採用することが困難になってきています。

これは、予防意識の高まりにより歯科衛生士の重要性が高まっているにもかかわらず、歯科衛生士自体の数が増えていないからです。

歯科医師は、どうしても治療を中心に診療を行っているため、歯のクリーニングや専門的なアドバイスまで手が回らないことが多いのです。

そのため、専門的な知識を持ち、1人1人に合わせた指導を行える歯科衛生士が在籍していることは、歯周病治療においても、その後の予防においても重要なことです。

こちらは、ホームページで確認するか、医院に直接聞いてみても良いでしょう。

説明を丁寧にしてくれるかどうか

「あなたは歯周病です」と言われても、歯周病は自覚症状も少なく、見た目でもわかりにくい場合が多いので、しっかりと説明を受けなくては治療を継続するモチベーションも保てません。

自分の状態をしっかりと把握しなくては、自宅でのセルフケアにも力が入りづらいものです。そのため、歯周病治療に力を入れている医院は、説明に力を入れている医院である場合が多いのです。

歯科医師の経歴について

これは、例外もあるので参考までとなりますが、その医院のホームページなどで歯科医師の経歴を見て、「歯周病科」「保存科」を経験している先生は、歯周病に力を入れている可能性が高くなります。

歯科大学では様々な科目に分かれて学ぶものなのですが、これらの科を経験している先生は、かなり専門的に歯周病治療を学んできているはずだからです。

また、「日本歯周病学会」や「日本臨床歯周病学会」の専門医であるかどうかも良い判断基準となります。専門医がいる歯科医院を各学会のホームページで調べることができますので、ご参考下さい。

日本歯周病学会:http://www.perio.jp/
日本臨床歯周病学会:http://www.jacp.net/jacp_web/index.html

まだまだ数少ない認定医です。いずれかの資格をお持ちの先生が地域にいれば良いですね。

症例集

歯周病専門医・藤本 淳

診療時間

 
午前 -
午後 -

午前=9:00-12:00
(土13:00)
午後=14:00-18:00

休診日

土曜、日曜、祝日

電話番号

019-631-2222

ゆいとぴあ歯科