痛くない歯周病治療

痛くない歯周病治療のための取り組み

「痛いのが怖くて、歯科医院には通えませんでした」

残念ながら治療が手遅れになってしまい、歯を失ってしまった方に歯科医院へ通っていなかった理由を聞くと、やはり一番多い理由は「痛みが怖い」というものです。

歯科医師でも、痛みは嫌なものですから、その気持ちはとてもよく分かります。

しかし、残念ながら現在の歯科医療技術では、どんな歯科医院でも、どんな歯科医師・歯科衛生士でも、100%痛くない治療というのは不可能です。

検査時や治療時の痛みの感じ方も人それぞれですし、症状によって「チクっ」とした痛みが、どうしても避けられない場合もあります。

ただ、その中でも「できる限り、痛くない治療を提供する」という目標を持ち、様々な工夫と取り組みを行っています。

もちろん、早く通院すればするほど痛みは少なくて済みます。

しかし、まだ通院をされていなく、自分のお口の状態が分からない皆さんは不安だと思いますので、当院が行っている取り組みをご紹介いたします。

表面麻酔の使用

深い部位の歯石を除去する際(SRP)など、処置中の痛みは麻酔を使用することで解決されます。麻酔が効けば、処置をしている最中に痛みが出ることはありません。

しかし、その注射をするときの針の痛みは怖いものです。針を刺すときのチクリとした痛みを感じないようにするために、ジェルタイプの塗り薬を使用します。塗るタイプの薬なので痛みはありませんし、身体にも安全です。

超極細の「痛くない針」を使用

表面麻酔に加えて、麻酔注射の痛みを軽減するために、『超極細の針』を使用しています。

鍼治療を受けたことがある方はわかりやすいと思うのですが、細い針で刺してもほとんど感触を感じません。

塗るタイプの表面麻酔と、この極細の針を併用することで、さらに痛みが出ないようにしています。

最新型・電動麻酔注射器の使用

麻酔注射をする際に、最も痛いのが麻酔液の注入時です。

痛くないように麻酔をするには、一定の速度での麻酔液を注入する必要があります。そのために、当院では最新型の電動注射器を導入しています。

電動注射器は、お口の状況や部位によって最も痛みの少ない注入速度にコンピューター制御で調節できるので安心です。

多くの患者様から、「全然、痛くなくて驚いた!」という嬉しい声を頂いています。

※痛みが特に苦手という方には、必ず使用しますので、お声かけください。

細い器具(プローブ)を使用した歯肉検査

歯肉の検査(プロービング検査)では、進行度によってどうしても痛みが出てしまうことがあります。

進行度が低ければ痛みはほとんどないのですが、進行していると、「チクッ」とした痛みを感じます(耐えきれないほどの痛みは、まずありません)。

少しでもこの痛みを軽減するために、一般的な検査器具(プローブ)よりも細い器具を使用しています。

「より痛くなく、より正確に」を突き詰めた結果、この器具がベストであると考えています。

術後に鎮痛剤を処方します

当院では、重度の歯周病の方への外科処置を行うことが多いのですが、治療中はよくても術後に痛みが出てしまう場合がどうしてもあります。

ただ、オペ後には鎮痛剤を処方しますのでご安心下さい。もしズキズキと痛んでも、鎮痛剤により30分程度で収まることがほとんどです。また、鈍痛が起こる程度で、耐えきれない痛みになることはほとんどありません。

オペ前に抗生剤を処方しています

外科手術が必要な場合に限り、術前に抗生剤を処方しています。事前に服用していただくことで、術後の腫れや痛みを避ける効果が期待できます。

歯科衛生士の技術向上による痛みの軽減

歯科衛生士の技術が、痛みと関係してくる主なポイントが、「歯肉の検査」と「治療後の痛み」です

「歯肉の検査」の痛みの軽減のためには、細い器具の使用に加えて必要なのが歯科衛生士の技術です。

痛みを感じる方は、誰がやっても痛いものですが、痛みの度合いに違いが生まれます。経験を積み、日々の練習を行うことで、なるべく痛くない歯肉の検査ができるようになります。

また、治療後に歯肉が引き締まったときにも、痛みが出ることがあります。

技術が高い歯科衛生士の処置では、歯肉を傷つけることなく歯石を除去し、歯ぐきを引き締めることができます。歯肉の引き下がりも最小限なので痛みが少なくなります。

逆に、技術が未熟な場合には歯肉を傷つけ、歯肉の引き下がりが大きくなることで、治療後にしみる度合いが強くなってしまうのです。

当院では、歯を守るためだけでなく、痛みを軽減するための技術向上にも力を入れて取り組んでいます。

過去の歯科治療での経験をヒアリング

実は、麻酔の効き方や痛みの感じ方も、その時の心理状態(恐怖心)や過去の経験により変わります。

当院では、その患者様がどのようなことに恐怖心を持っているのか、何に対して恐怖心をお持ちなのかによっても対処方法を変えています。

ですので、緊急な時を除き、いきなり麻酔をすることなく、過去の経験やお悩みをお聞かせ頂いてから処置を行いますので、安心してくださいね。

『リラックスできる環境』を大切にしています

痛みを感じるというのは感覚的・心理的な要素な影響が大きく、緊張している状態だとより痛みを感じてしまいます。つまり、無痛治療にはリラックスすることが必要です。

そのために当院では、明るい雰囲気作り、コミュニケーション、リラックス効果があるBGM、アロマ、治療中のちょっとしたお声かけなどを大切にしています。

診療中だけでなく院内どこでもリラックスできる環境にしていきたいと思っています。

カウンセリングでお悩みをお伺いします

歯科に限らず、安心の医療を受けるためには、患者様と歯科医院側の信頼関係が何よりも重要です。不安なままだと、お痛みにもつながってしまいます。

当院では、初診時にカウンセリングを行い、患者さまが苦手なことや、不安なことをヒアリングさせて治療に活用しています。

常にコミュニケーションを大切にして、患者様との信頼関係づくりを大切にしています。また、いつも笑顔でお迎えすることで、安心を提供します!

麻酔が効きにくい場合と、その対処法

過去の治療で、「麻酔をしたのに痛かった」という経験があるかもしれません。残念ながら全ての症例においても万能な麻酔というのはありません。

特に下記のような条件下では麻酔が効きにくいことがあります。

麻酔が効きにくい場合

・炎症の痛みが強いとき
・膿が溜っているとき
・下顎の奥歯(周りの骨の影響で、麻酔液が浸透しにくい場合があります)
・腫れているとき

もし効かなかったときの対処法

「麻酔が効いてないかな?」と思ったら、すぐにお伝え下さいね。

① 麻酔の量を増やす(身体に悪影響はありません)
② 麻酔が効いてくるまで少し時間を空ける
③ 治療を中断して薬を処方する(炎症が治まるまで薬を処方します)
④ 少し我慢して頂く(痛みの程度や症例により、治療を続けた方が楽な場合があります)

※ほとんどが、①と②で対応出来ますのでご安心下さい。

最高の無痛対策は、痛くなる前に対処すること!

痛い思いをしないためには「ご自宅でのケア」や、痛くなる前に定期健診などで歯科医院に通って「予防をする」ことがとても大切です。

定期的に歯科医院に通う事によって、虫歯・歯周病などの早期発見をすることもできます。また、当院では歯科衛生士より、虫歯・歯周病予防にとって最も大切なご自身でのセルフケアもアドバイスさせて頂いています。

もし現在、むし歯・歯周病のお痛みで悩んでいる方も、今回の治療が終わってからは同じ事を繰り返さないために、一緒にお口をケアしていきましょう!

あなたの歯を守るためのサポートを全力で行います!

症例集

歯周病専門医・藤本 淳

診療時間

 
午前 -
午後 -

午前=9:00-12:00
(土13:00)
午後=14:00-18:00

休診日

土曜、日曜、祝日

電話番号

019-631-2222

ゆいとぴあ歯科