これからお母さんになられる方へ

「生まれてきた赤ちゃんには健康に育って欲しい!」

現在、妊娠中の女性であれば、誰しもが願っていることですよね。そして、そう願っている女性に絶対に知っておいてほしいことがあります。

それは、妊娠中のお母さんのお口の健康状態が、生まれてきた赤ちゃんに大きく影響するということです。

赤ちゃんのむし歯、歯周病は、お母さん・お父さんが原因!?

実は、赤ちゃんのむし歯予防、歯周病予防はお腹にいる時期から既に始まっています。

生まれてきたとき、赤ちゃんの口の中には、歯周病菌やむし歯菌は一切ありません。生活をともにする家族、とくにお父さん、お母さんの口の中から感染することで、赤ちゃんの口にも病原菌が繁殖するようになってしまうのです。

そして、ご両親の口の中にむし歯菌や歯周病菌が多いと、赤ちゃんがむし歯や歯周病になりやすくなります。

しかし、絶対に感染させないというのは難しいため、お母さん、お父さんが少しでもお口の中を綺麗にしておくことが大切なのです。

妊娠中はお口の健康に要注意!妊娠性歯肉炎について

妊娠期は女性ホルモンの分泌が増えるため、少しのプラーク(歯垢=磨き残し、細菌を含む)が残っているだけでも歯ぐきの血管が炎症を起こし、腫れやすくなります。
そして、濃度が高くなった女性ホルモンを栄養とする歯周病菌が増加することもあるので要注意です。特に妊娠中はホルモン分泌がかなり増えるので、お口の健康に気をつけなければならない時期なのです。
こうして、女性ホルモンの影響で歯肉炎になってしまうことを「妊娠性歯肉炎」と読んでいます。

妊娠中でも歯科医院への受診をお勧めします!

また、妊娠期はただでさえ、つわりや体調不良で歯ブラシがおろそかになりがちです。そのため、歯周病にもむし歯にもなりやすい時期です。
妊娠中は治療や薬の影響を心配して、歯科受診に不安を感じ、少しの痛みなら我慢してしまうこともあります。
そして、そのまま放置すると、生まれてくる赤ちゃんに大きく悪影響があります。妊娠中であっても、安定期を中心に制約はありますが歯科治療は可能です。早めに治療しておいたほうが良いでしょう。

生まれてからも家族で検診に!

お母さんが定期的に歯科医院でクリーニングを受けて清潔な状態を保つことで、お子さんへのむし歯菌の感染が減ることが分かってきました。
ご自身の健康を守るとともに産まれてくる赤ちゃんを守るためにしっかりお口の中を細菌の少ない自信を持てる状態にしてあげてください。



赤ちゃんが産まれて少しでもゆとりが出て来たら、早期に歯科健診、クリーニングを受けてください。妊娠の計画がある方は、妊娠中に治療できる内容に制約がありますので、その前にしっかり歯の治療を済ませておくといいでしょう。

お子さんは1歳から3歳でむし歯菌の感染が起こります。早いお子さんですと1歳でむし歯ができることもあります。お子さんと一緒に定期的に健診やクリーニングを受けましょう!
また、お母さんだけでなく、お父さんの虫歯や歯周病の菌もお子様にうつるリスクがあるので、ご家族での検診をお勧めします。

症例集

歯周病専門医・藤本 淳

診療時間

 
午前 -
午後 -

午前=9:00-12:00
(土13:00)
午後=14:00-18:00

休診日

土曜、日曜、祝日

電話番号

019-631-2222

ゆいとぴあ歯科